JPCS予選 使用構築 ゲンガエン+テテフピッピ[WCS 2018]

 こんにちは

5/11-5/14に行われたPJCS予選に参加し,はやくも来年のVGC2019 with 伝説解禁(未定)を心待ちにしている1人です.

 

今回はPJCS予選で使用したゲンガー+ガオガエンの並びを紹介したいと思います.

前回のINC以降,爆発的に増え,使い古された構築ではあるのですが,軽く調べたところやっぱりなかったので紹介したいと思います.

フランス語ROMを利用していた関係で紹介ページが仏語なのですが,下に訳を載せておきます.勉強道具にお使いください.

f:id:rakkonoke:20180515004713p:plain

ゲンガー    159(188)-*-100-190-137(172)-185(148)

    メガ前 159-*-80-150-117-163

ガオガエン   202(252)-165(116)-112(12)-*-125(116)-82(12)

カプ・コケコ  165(156)-*-105-128(100)-95-200(252)

カプ・テテフ  145-*-96(4)-182(252)-135-161(252)

ジャラランガ  151(4)-*-145-167(252)-125-137(252)

ピッピ     175(236)-*-88(156)-*-110(116)-36

 

以下, 解説

続きを読む

INC2018参加構築 ルチャブルレヒレビートダウン[WCS]

 こんにちは
3/23~26にかけてオンラインで行われたINC2018へ参加してきました。

このオンライン大会は,全国への切符をかけた予選でもあり,それなりの人数が参加しているように思えました.

 先に書くと,結果は散々なもので,精神的にも病んでしまったのですが,様々な構築記事が出回るなか,自分の使用していた構築がどこにも掲載されていないようだったので記事にすることに. 

f:id:rakkonoke:20180328110503p:plain

ルチャブル  164(84)-134(172)-95-*-83-187

カプ・レヒレ 172(212)-*-135-154(196)-150-118(100)

カプ・コケコ 155(76)-*-106(4)-136(164)-97(12)-200(252)

ハッサム   175(236)-222(252)-160-*-123(20)-95

    メガ前175-200-120-*-100-85

ガオガエン  185(116)-176(196)-112(12)-*-111(4)-103(180)

ランドロス  165(4)-165-110-157(252)-90-157(252)

 

以下解説


【構築経緯】
 元々は3月中旬に行われたSPL*1オフに向けたPTの調整中,マッチングしたPTにボコボコにされてしまったのが事のはじまり.
こちらが使っていたのはジャラゲンブルルマンダコケコガエン*2と呼ばれる,今環境では覇権を取れると見込んでいたもの.
(元々はパメラさんの構築を参考に組んでいたが、その本人も同じ並びでPTを挙げられていたのでとんだ飛び火を食らった。)

 このPTが簡単にいなされてしまったという経緯から,覇権構築に強い構築は当然強いという謎理論で,少ない情報を頼りに自分なりにチューニングし直して使うことにした.

ルチャブル カプ・レヒレ
カプ・コケコ ハッサム
ガオガエン ランドロス
推測だが、PTの構築経緯はこのようになっていると思われる。

 

【個別解説】

f:id:rakkonoke:20180327094909p:plain
ルチャブル@ミストシード Misty Seed
 アクロバット、追い風、ファストガード、飛び膝蹴り

Acrobatics, Tailwind, Quick Gurad, High Jump Kick
実数値:164-134-95-*-83-187
C222の一致ヘドロばくだん耐え
最速

構築の要.

軽業が発動すると,砂かき勢(ドリュウズ,ルガルガン)の上をとれる他,スカーフフェローチェの上を取っている.

ルチャブル自身はとても器用なポケモンで,

サイドチェンジ,手助け,天候変化技,挑発,どろあそび,フェイント,先取りなど、様々な有用技を覚える.

火力の無さと,耐久の低さゆえに弱さを感じてしまうが,相手の追い風ターンに上から追い風をする様は圧巻であった.

 

f:id:rakkonoke:20180327094943p:plain
カプ・レヒレ@水Z WateriumZ
濁流、ムーンフォース、瞑想、守る

Muddy Water, Moonblast, Calm Mind, Protect
実数値:172-*-135-154-150-118
C11n

S準速ペリッパー抜き

残りをHPに回したところ2n確保という美しい配分になった.

元々はバルドルさんがVGC2017で使われていた眼鏡レヒレの配分*3を参考にしていたが,171-*-135-156-150-117というモヤモヤする配分であったことから,現在のような配分に落ち着いている.

使い勝手は良好ではあったが,当初の懸念通り濁流Zの火力はとても弱い.しかし,濁流を切る選択肢はさらに弱いため消去法で現在の技構成に落ち着いている.

 

f:id:rakkonoke:20180327094928p:plain
カプ・コケコ@こだわり眼鏡 Choice Specs
10万ボルト、マジカルシャインボルトチェンジ、エレキネット

Thunderbolt, Dazzling Gleam, Volt Switch, Electroweb
実数値:155-*-108-106-136-97-200

VGC2018で最も信用しているコケコ.フィールドが無ければルチャブルにすら負けそうな火力を補える眼鏡持ち.

C211リザードンの熱風を耐える方の配分.

ボルトチェンジで有利対面を作り出す他,フィールド争いを穏便に済ますことができる.

 

 

f:id:rakkonoke:20180327094915p:plain
ハッサム@ハッサムナイト Scizorite
バレットパンチ、虫食い、剣の舞、守る

Bullet Punch, Bug Bite, Swords Dance, Protect
実数値:175-222-160-*-123-95

バレパンマシーン.剣の舞を積んでから全抜きしていく姿は圧巻だが,任意のポケモンで止まってしまう悲しいポケモン.

フィールド書き換え役が多いため,テテフが見えても強気に選出していくことができた.
腹太鼓カビゴンのダブルダメージ地震を耐えることが唯一の取り柄.

今後さらに流行ると予想されるガオガエンに,簡単に消し炭にされてしまうのでSに振ることまで視野に入れたい.

 

f:id:rakkonoke:20180327094923p:plain
ガオガエン@突撃チョッキ Assault Vest
猫だまし、フレアドライブ、叩き落とす、とんぼ返り(SPLオフ時はけたぐり)

Fake Out, Flare Blitz, Knock Off, U-turn or Low Kick
実数値:185-176-112-*-111-103

A 11n

S 追い風下で最速135族抜き
 突如解禁されてしまった可愛くない猫のようなもの.あまりに強い.
こいつがいるだけで,ギルガルドナットレイ入りという,既存のハッサム入りが苦手としていた相手が,むしろ🦆になってしまう.
けたぐりととんぼ返りは諸説問題だが,どちらの技もあって良かった!という感じではなかったので,相手の後退を読んでフィールドを張りたいときなど,役に立ちそうな蜻蛉を選択.

ガオガエンの配分だが,サイクルを回すためというよりは,不利対面でも居座って無理やり相手を削る動きが多いため,火力をこれ以上割くことは出来なかった.

f:id:rakkonoke:20180327094937p:plain
ランドロス@こだわりスカーフ Choice Scarf (SPLオフ時は、のんきのお香 Lax Incense)
大地の力、目覚めるパワー氷、ヘドロ爆弾、とんぼ返り(SPLオフ時は、ストーンエッジ、守る)

Earth Power, Hidden Power Ice, Sludge Bomb, U-turn (when Lax Incense: Stone Edge, Protect)
実数値:165-165-110-157-90-157
CS極振り.
恐らくではなく、絶対に特殊ランドはC上昇性格が望ましい.
具体的なところでは、メガライボルトメガゲンガーへの与ダメが変わってくる.


【選出方法】

本構築では大まかに2パターンのプランがあった.
①メインとなるギミックは,ルチャブルカプ・レヒレ始動における「追い風+瞑想」.
以前ネットに掲載されていたハッサム構築は,ルチャブルガオガエンの枠を,バンギラス,クレセリアにし,トリックルーム下での制圧を狙う構築であった.
そのため,カプ・レヒレとコケコの持ち物がそれぞれ眼鏡,デンキZというようになっていた.
しかし,本構築では,レヒレは試合終盤まで居座り続けていることが多く,瞑想も積むことからヘイトが集中しやすいため守るが欲しく,木の実では相手への負担を掛けられないことから,水Zを持たせている.

②サブ案として,追い風は貼らず2枚の威嚇+猫騙しなどで誤魔化しながら積んでいくパターン.

難しいことは考えず,一方は殴って,一方は積む、という動きができればいつの間にか相手に負荷がかかっている.(タブンネ)


【vs サンダーレヒレ】

f:id:rakkonoke:20180328112845p:plainf:id:rakkonoke:20180328112840p:plain

f:id:rakkonoke:20180328112849p:plainf:id:rakkonoke:20180328112843p:plainorf:id:rakkonoke:20180328112827p:plain

 この構築が苦手とする,サンダー&レヒレ系統の構築に対しては,カプ・コケコ&ルチャブルから入りサンダーを迅速に処理していく動きを心がけた.
サンダー,カプ・レヒレ入りの構築はあまりに多く,一概に選出を書くことが出来ないが,ハッサムを選出しないこともあったので,臨機応変に対応することが求められる.

 

【vs ゴチルカビ系統】

f:id:rakkonoke:20180328112840p:plainf:id:rakkonoke:20180328112849p:plain(ライボルトなし) or f:id:rakkonoke:20180328112939p:plainf:id:rakkonoke:20180328112849p:plain(ライボルトあり)

f:id:rakkonoke:20180328112843p:plainf:id:rakkonoke:20180328112827p:plain

 ライボルト不在のゴチルカビ系統の初手は安全にトリルを張るため,猫だまし+トリルをしてくることが多く,そこにファストガード+瞑想を合わせることで,大きなアドバンテージを得ることが出来た.
ライボルト入りに対しては,威嚇でサイクルを回され,ダメージレースに負けることが最も厳しいため,初手にランドロスを置くことが多かった,

【vs ゲンガー&ジャラランガ(エルフーンカプ・ブルル)】

(パターン1)エルフーン入り

f:id:rakkonoke:20180328112840p:plainf:id:rakkonoke:20180328112849p:plain

f:id:rakkonoke:20180328112843p:plainf:id:rakkonoke:20180328112845p:plain or f:id:rakkonoke:20180328112827p:plain

(パターン2)エルフーン不在

f:id:rakkonoke:20180328112939p:plainf:id:rakkonoke:20180328112849p:plain

f:id:rakkonoke:20180328112827p:plainf:id:rakkonoke:20180328112843p:plain

 動き方が時々によって変わるが,ゲンガーを倒すことができれば,ジャラランガはカプ・レヒレ1体で抑え込むことは十分可能である.

この構築の厄介なところは,メインがジャラランガか、ゲンガーかが分かりにくいところでもある.

仮にジャラランガがメインではなく,サポートとして構築に入っている場合は,フェアリーの存在を気にすることなく選出されてしまう.

【vs リザードン絡み】

f:id:rakkonoke:20180328112843p:plainf:id:rakkonoke:20180328112849p:plain

f:id:rakkonoke:20180328112827p:plainf:id:rakkonoke:20180328112939p:plainorf:id:rakkonoke:20180328112845p:plain
 カプ・レヒレを残しながら、丁寧に動けば見た目以上に辛いということはない。

とはいえ、リザードンへの信頼できる打点がコケコの10万しかないので、ランドロスに岩技があっても良かった.
リザードン入りは総じてクレセリアが入っていることが多かったせいもあり、ガオガエン&カプ・レヒレという初手が一番多かった.
相手の初手は,大抵ランドクレセから入ってくることが多い。

【vs ガルーラ絡み】

f:id:rakkonoke:20180328112840p:plainf:id:rakkonoke:20180328112845p:plain
ゲンガーが入れば話は別なのですが,猫を防ぎながらダメージレースに勝ちにいくプラン.

グロウパンチがないためガルーラの個体数は多くない.

幸いPTに威嚇が2枚あるため,ガルーラ自体はそこまで脅威となることはない.

 

【vs サナガエン】

f:id:rakkonoke:20180328112840p:plainf:id:rakkonoke:20180328112849p:plainorf:id:rakkonoke:20180328112843p:plainf:id:rakkonoke:20180328112849p:plain

 サーナイトの通りは悪くないため,初手で出てくるケースが多い.

その際,相方はガオガエンであるケースが容易に想像できるのでトリルプランから入ってくれそうな選出をしながら,瞑想を積んでいくのが良い.

裏はカプ・コケコ以外であればどれも選択肢に入る.

また、サーナイト構築にはモロバレルが入っているケースも多いが、催眠はほぼ無視できるため、本構築では珍しい比較的有利マッチといえる.

 

【vs トリパ】

f:id:rakkonoke:20180328112845p:plainf:id:rakkonoke:20180328112827p:plain

f:id:rakkonoke:20180328112843p:plainf:id:rakkonoke:20180328112849p:plain

相手のトリックルームに合わせて舞ったり,積んだりしていく.

初手でいきなりトリックルーム+はらだいこしてくるヤクザはNG.


【その他・雑感】
・メガ進化前のハッサムがあまりに貧弱であることから,後出しをするときは,その後のプランを考えた上でしないとゲームセットまでが恐ろしくはやい.
・10戦中1~2回くらいの頻度で,最後ランドロスとコケコの対面になることがあり,めざ氷がなくて負けた、という試合がある.変えるとしたらエレキネット.

・本構築もそうだが,レヒレガエンの並びが強すぎて,この2体を入れるだけで大体の構築パワーが底上げされている.

 

ハッサム入りは逆風が吹き荒れていると思っていたのですが,ビートダウン寄りの構築には非常に向いていると感じました.

採用理由であるところの「バレットパンチ」の火力はそこまで高くないので,

ハッサム+メガの並びも試してみたいです.VGC2018でハッサム入りPT使っている方はいますぐPTを公開しましょう.

 

5月に最後の予選があるので、それまでしっかり取り組みたいですね。
対戦していただいた方ありがとうございました。
参加された方々お疲れさまでした。

ではでは 

 

追記

3/29 検索するときに困るので,VGC2018, WCSの表記はタイトルに入れておくと吉です.

2017/4/16 pokerikadai部会(ルール:SMシングル)ノイコウ軸

 こんにちは、rakkoです。

 4/16(日)に行われたpokerikadai部会戦にて、
シングルでは息を引き取ったかに見えたライコウ軸で勝ち越せたのでPT詳細を書こうと思います。

f:id:rakkonoke:20170417222835p:plain

【コンセプト】
有利な相手にはどくみが、不利な相手にはみがまもで嵌める。

【構築経緯】
 昨年のSM発売以降、猛威を振るう「カプ・~」。
中でもご存じの通り、カプ・コケコは「過去作解禁したら死ぬ」言われながら、オフ・レート環境にて猛威を振るっています。
そんな影で割を食った電気犬を使いたいと思ったのがことの始まり

コケコと比較した、ライコウの特徴ですが、
・プレッシャーによるPP削り
・ゲンガーに比較的(重要)強い
・耐久が少し高い。

技範囲、すばやさは完全にコケコが上です。

 構築初期では、珠やZストーン等を持たせ、火力重視にした
ライコウランドロスの並びを考えていました。

が、当日朝になってから
選出を誘導して毒をさしたら強いのでは」と思い、構築練り直し。

 ライコウは、バトレボ時代からお世話になっている、
どくみが守る型、通称「ノイコウ」。

 ライコウが苦手な地面を透かし、毒のとおらないフシギバナを上から叩け
おまけに毒殺という点で相性が良い、メガボーマンダ

 マンダと相性が良さそうなマンムー

 ジャローダは、リザードンを誘いつつ、地面タイプの選出を控えさせる役。

 このままではエスパー/フェアリー技の通りが良すぎるので、
ガブを見ながら、テテフを受けられるテッカグヤ

ラストは、相手のギルガルドや、pokerikadaiということでオニゴーリ警戒のアシレーヌ

以上の経緯でPTが完成。

【個別解説】

f:id:rakkonoke:20170417223103p:plain
ライコウ@たべのこし
臆病 H16n+1調整 S:最速 残りD
10まんボルト、†どくどく†、みがわり、まもる

 瞑想ライコウ、『拘り眼鏡』『命の珠』のイメージが強すぎるのか
ジェネレーションギャップで勝てた気がしなくもありません。
毒無効にしてしまうカプ・レヒレを警戒させられるのが強い。
対戦するときはなるべく明るく始め、ノイコウを悟られないように注意しました()

f:id:rakkonoke:20170417223100p:plain

ボーマンダ@ボーマンダナイト 
陽気AS
 すてみタックル、どくどく、はねやすめ、みがわり

 ノイコウと相性の良い毒羽型。
マンダ受けに出てくるポケモンに毒が刺さるのも良い。
恩返しでも良いのですが、やはり捨て身の火力も捨て難いです。

f:id:rakkonoke:20170417223057p:plain
マンムー@いのちのたま 
意地っ張りAD
 じしん、こおりのつぶてつららばり、はたきおとす

 ボーマンダ+マンムーの場合、ほぼ確実にゴツメを想定されますが、『命の珠』。
毒の通らないギルガルド等、後出しされるポケモンに想定外のダメージを与えていけるのが強みです。
技構成は、毒か叩き落とすか迷いましたが、
クレセリアやギャラが多いなら毒の方が良さそうです。

 初手ミミッキュに対して対応したいので、選出する際はなるべく先発。

f:id:rakkonoke:20170417223051p:plain
ジャローダ@きあいのタスキ
臆病CS
リーフストームりゅうのはどう、めざめるパワー岩、挑発

 マンダ/マンムー/ジャローダの印象が強いので、ライコウ無視されるのがとてもよい。
ライコウの通りが悪いカバルドンを起点に、リーフストームを詰む想定。
リザードン多そうだったので、めざめるパワー岩、竜の波動を搭載していますが選出していません。

 

f:id:rakkonoke:20170417223055p:plain
テッカグヤ@とつげきチョッキ 
勇敢 実数値:203-154-124-128-135-72(理想値)
かえんほうしゃ、タネばくだん、めざめるパワー氷、じしん

 JCS個体流用。
ノイコウ軸の天敵とも言える、カプ・テテフの受け先。
なお、王冠未使用で能力値は理想値とかなり違い、全然信用がありません。
カプ・テテフの「サイコキネシス」を受けた後、フェローチェの珠「とびひざげり」をHP5残して耐えたときがピーク。

 ほんとうは、「やどりぎのタネ」を撒ける物理受け型を使いたかった。
今使うなら やどりぎ、ヘビボン、かえんほうしゃ@1 とかになっていたでしょう。

f:id:rakkonoke:20170417223049p:plain
アシレーヌ@アシレーヌZ 
控えめ 175-*-107-190-137-85
うたかたのアリアムーンフォースアクアジェット、みがわり

 部会戦始まる直前に育成終わりました。
相手の地面を警戒させつつ、乱雑に扱っても強そうな耐久寄せのZ型。
アクアジェットは酷いですが、Z技の火力はすさまじかったです。
面倒になりそうな相手へ、身代わり貫通技を打てるのも大きい。

【基本選出】

f:id:rakkonoke:20170417231721p:plain+f:id:rakkonoke:20170417231728p:plain+f:id:rakkonoke:20170417231846p:plain(+f:id:rakkonoke:20170417232138p:plain

ライコウ + ボーマンダ + マンムーorテッカグヤ

ドサイドン等明らかに不利な相手がいたときは、アシレーヌを出すなど臨機応変な対応をしてください。

【立ち回り】
いかにして、ライコウのどくみが展開に持ち込むかだけを考える。
f:id:rakkonoke:20170417232412p:plainf:id:rakkonoke:20170417232418p:plain
特に連続技持ち(ガルーラ、パルシェン)などは十二分に警戒して、守るタイミングに合わせられないようしたい。

【苦手な相手】

f:id:rakkonoke:20170417232650p:plain f:id:rakkonoke:20170417232655p:plain
ドサイドン(交代際に毒を入れられなければ詰み)

フェローチェ(無補正の珠蜻蛉でライコウに7割入ったので、テッカグヤアシレーヌで対応する)

【改善点】
フェローチェを始め、
ライコウマンダよりはやく、ボーマンダに打点があるポケモンに弱い。

ゲッコウガ@悪or水Z
悪の波動、水技、影うち、れいび
とかであれば、多少は対応効くのかもしれないですが、怪しいです。

【反省】
 決勝トーナメントにて、テテフ+フェローチェとあたりました。
運良く乱数に救われましたが、この辺がPTの大きな欠陥であると感じます。

 また、まもみが毒殺ループは、ハマった際に運による振れ幅が少ないです。
そのため、オニゴーリのようなムラッけによる、

試合におけるエンターテイメント性がない』

これは由々しき問題です。

 それに関連して、まもみが系ポケモンを使うと感じるのが、
「使用者の思考度合い」と、「観戦者が見る光景」に差があるということです。
ノイコウは割とメジャーな型で、
ライコウ自体は、耐久に恵まれているわけでもなく、速い以外の嵌め性能を持ちません。
そのため使用者側は、いつ相手が引いて有利対面を作ってくるのかと考えながら回すのですが、観戦側からはただのまもみが嵌めに見られてしまいます。

 決勝で毒の決まった、カプ・ブルルからライコウが引く場面がありましたが
後続のガルーラをかなり警戒しての行動で、舐めプをしていたわけではない、ということを伝えたい所存です。

尚、アシレーヌのアクジェは、捨て身反動で落ちるか怪しかったので打ちましたが、ドレインパンチの可能性もあったのでプレミです。

最後になりますが、

流石にライコウ舐めすぎでは?

ではでは。